LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

あなたにとって最適なレッスン形態をご用意しています!

エレキギター・アコギのアンプの種類と違い

約 2 分

ギター・アンプを大きく分けると、エレキギター用かエレアコ用の2種類に分かれます。

エレキ用アンプは増福器にあたる回路を搭載したアンプ・ヘッドとスピーカーが一体型になったコンボ・アンプがあります。

エレアコ(エレクトリック・アコースティック・ギター)用のアンプもあります。

たまに、「エレアコもエレキギター用のアンプでいいんでしょ?」

という人がいますが、エレアコ用とエレキ用だとアンプの特性が異なるのでやはり専用のアンプを使用してほしいです。
アコースティックギター用に作られたアンプはそのギター本来の音をより自然に増福するように作られています。

エレキギター用はアンプの特性によって大きくサウンドが変わります。

アコースティックギターはどれだけフラットに生音に近いく出力できるかを重要視しています。

ですので、エレキ用とエレアコ用だと根本的なアンプに対する概念が違うと言うことです。

このことから、アコースティックギターに関しては、アンプを介さないで、D.I.(ダイレクト・ボックス)を使用しPA卓にラインで繋ぎ、スピーカーから音を、出す場合もあります。
アコギ・アンプを使用するメリットは、ナチュラルでクセのないサウンドを出すことができ、ほとんどのアコースティック・ギター用のアンプには入力端子が2つ備わっているのでギターとボーカルの音を、まとめて音を出すことが可能です。

特に弾き語り系で路上ライブを行なったりするミュージシャンには非常に重宝します。

About The Author

LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL(ライトギターミュージックスクール)代表・ギター講師松尾領一郎
これまで、多くのバンド活動・サポート活動・作詞・作曲・レコーディング・メジャー流通のアーティストへの楽曲提供・演奏活動・CM曲・プロモーションを行ってきました。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

ギター講師。これまで、多くのバンド活動・サポート活動・作詞・作曲・レコーディング・メジャー流通のアーティストへの楽曲提供・演奏活動・CM曲・ゲームのテーマ曲を手がけてきました。
ボーカル講師。Step Up!というアーティスト名で福岡を拠点に精力的に活動している実力派プロボーカリスト。ポップス、アコースティック、ロックバンド、演歌、ゴスペル、アカペラなどオールジャンル歌いこなし、フロントマンに必要なエンターテイメント性も兼ね備えています。
ドラム講師。在学中にプロドラマーとして福岡、久留米での幼稚園、小学校を中心としたコンサート。ライブバーやカラオケバンドでの演奏、イベントやパーティでの演奏活動を展開。 現在では地元北九州、小倉でドラム講師を務め若手の育成にも尽力している。
ドラム講師。様々なバンドのサポートドラマーとしての活動と並行してシンバルの修理加工もする福岡在住のハイテクドラマー。今までに多くのアーティストの福岡公演のオープニングアクト、対バンなども務める。
ベース・DTM講師。ベーシスト兼コンポーザー。 ロック、ポップスを中心に作曲、作詞、編曲の音源製作過程において全ての過程を行うことができる。
福岡発!楽しく学べる音楽番組