LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

あなたにとって最適なレッスン形態をご用意しています!

ギターに音楽理論は必要か?!

約 3 分

音楽理論なんかギターには必要ないぜ!音楽は感性と気持ちで弾け!

なんて言うギタリストがいます。

実際、ギターを弾く上で理論は必要ないのでしょうか。

確かにギターをはじめたい!と思った時というのはこの曲かっこいい!あのギターフレーズが弾きたい!と感覚的に思ってはじめたんだと思います。

確かに、音楽は感性が最も大事でそれを補ってくれるのが音楽理論です。

しかし、魅力的なギターを弾く上では音楽理論は必要です!

また、感性も大事!

どっちに偏り過ぎるのは良くありません。

感性も理論も大事なんです!笑

マジで!!

極端な話、あなたが天才的な生まれ持った類稀なる音楽性を持っているのなら理論は確かにいらないと思います。

世の中にはそんな天才的ギタリストもいるわけですがほとんどのギタリストがそんな感性はありません。

逆に理論ばかりに偏りすぎてもダメですね。たまにやけに理屈ばかりを自慢気に語る人がいますがそんな人ほどギターを弾かせると下手だったりします。

この2つの相反する考え方のバランスはあなたのギタープレイを見直すことで見えてくると思います。

 

例えば、自分で作曲した曲やフレーズがあったとして、それがなんだか普通すぎて全体的にインパクトにかける。フックになるようになる部分がない。バリエーションが少ない。というならばもっと理論の知識を深める必要があると思います。

コード進行なのか、スケールなのか、リズムなのか、アンサンブルなのか、

また、自分で作曲した曲やフレーズが代理コードや転調をおりまぜたコード進行でフレーズひとつひとつスケール、コード感を意識して、変拍子を入れて、、、と考えて構築したはずなのに、なぜか堅苦しい感じで面白みにかける、曲を通して聴いて疲れる、印象に残らない。というならば、音楽の感性をもっと磨く必要があります。

まずは、あなたにとってもっと魅力的なギターを弾くためにはどーしたらいいだろうと考えてください。

音楽理論は非常に奥深いです。正直、全ての音楽理論を身につけることは難しいですし、オーケストラの曲を書きたいとか思わない限り必要な知識は限られてきます。(深い音楽理論を持つことで斬新な新しい音楽を作り出せる可能性はあります)

音楽のジャンルやプレイスタイルによっても必要な知識は変わってきますので自分にとって必要と思う知識をインプットしていき、必ずその知識を覚えたら実際に使っていくこと。

覚えただけじゃ意味がありません。

それを実践にギタープレイに使ってアウトプットすることが大事です!それがあなたの音楽感性とリンクした時、素晴らしい音楽が生まれてくると思います。

 

ギター初心者の方ならまずは基本的なドレミの成り立ち(楽典)やコード進行、基本的なリズムを身につけると良いでしょう。

ギターが上手くなるための練習に終わりがないのと同じで音楽理論の学びも少しずつでも深めいきましょう!

About The Author

LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL(ライトギターミュージックスクール)代表・ギター講師松尾領一郎
これまで、多くのバンド活動・サポート活動・作詞・作曲・レコーディング・メジャー流通のアーティストへの楽曲提供・演奏活動・CM曲・プロモーションを行ってきました。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

ギター講師。これまで、多くのバンド活動・サポート活動・作詞・作曲・レコーディング・メジャー流通のアーティストへの楽曲提供・演奏活動・CM曲・ゲームのテーマ曲を手がけてきました。
ボーカル講師。Step Up!というアーティスト名で福岡を拠点に精力的に活動している実力派プロボーカリスト。ポップス、アコースティック、ロックバンド、演歌、ゴスペル、アカペラなどオールジャンル歌いこなし、フロントマンに必要なエンターテイメント性も兼ね備えています。
ドラム講師。在学中にプロドラマーとして福岡、久留米での幼稚園、小学校を中心としたコンサート。ライブバーやカラオケバンドでの演奏、イベントやパーティでの演奏活動を展開。 現在では地元北九州、小倉でドラム講師を務め若手の育成にも尽力している。
ドラム講師。様々なバンドのサポートドラマーとしての活動と並行してシンバルの修理加工もする福岡在住のハイテクドラマー。今までに多くのアーティストの福岡公演のオープニングアクト、対バンなども務める。
ベース・DTM講師。ベーシスト兼コンポーザー。 ロック、ポップスを中心に作曲、作詞、編曲の音源製作過程において全ての過程を行うことができる。
福岡発!楽しく学べる音楽番組