歌唱力とは

歌唱力とは

歌唱力とは

 

カラオケ大好評が根付いたことで、一定レベルのかたがたであっても、高度な歌唱力を求めるかたが増加してきています。

 

カラオケお好きなかたであるのならあるほど、ご自身のおお好きな曲を上手に歌いたいとおもうのも当然のことですよね。

 

人前で上手に歌いたい為に、歌唱力をつけようと歌のレッスンに通うようになるかたも沢山ようです。

 

素人であっても、実に上手に歌うかたはいますよね。

 

あなたも、そういった歌唱力を習い覚えたいというのはおもいませんか。

 

ところでこの「歌唱力」というのはいったいなんでしょうか。

 

どみたいにして計るものですのでしょう。

 

歌唱力は、一言で言いますと、歌を上手に歌える力・・・と言うことになりますが、歌を上手に歌える、または聴き手に非常に歌が上手に聴こえると言うのは、いくつもの要素が絡み合って、それらが全て上手に聴こえる段階をクリアしているからですのですね。

 

プロの歌手のかたがたが、だということです。

 

中には、あれ?と印象を受けるようなかたも、たまにはいらっしゃいますが、大半のプロのかたは歌唱力がハイレベルです。

 

歌が上手だと呼ばれる全ての要素を高段階でクリアしています。

 

プロの先生に対して、歌のレッスンをおこなうことによっても、これらの要素は段階UPしてゆくでしょう。

 

カラオケが嗜好で、実にプロ並みに上手くなりたいと言うかたは、歌のレッスンを受けてみたら如何でしょうかですか。

 

今まで出にくかった高い音や低めの音が容易に出せるようになるだけだとしても、歌える曲のバリエーションが広がりますよ。

 

歌唱力を決める音感

歌唱力とは

 

前回の「歌唱力というのは」と言う記事では、歌が上手だと呼ばれる目的では、幾らかの要素があるとお話いたしましたね。

 

その幾らかの要素をきちんとクリアしているのが、プロの歌手であるとも言いました。

 

さて、その歌唱力に必要な要素というのは、いったいなんだとおもいますか。

 

一つの大きな要素として「音感」と言うものが挙げられます。

 

音感・・・お分かりでしょうか

 

容易に解説いたしますと音楽や音に対する感覚のことです

 

音感のなかだとしても「絶対音感」等と言う言葉を耳にしたこというのはございませんか。

 

これは、ある音を単独で聞いたケースに、その音の高さに対して音楽的に決められた名前を、他の音と比較検討することなしに即座に言い当てることが出来る感覚のことを言います

 

他の音と比較をしないのに当てることが出来ると言うのは、音楽的にかなり凄いキャパシティだとしてもあります。

 

絶対音感の反対として「相対音感」と言うものがありますが、こちらは、あるくらい、音楽のスタディ経験があったり経験したりしたかたが、二つ以上の音を比較したケースに、その音程の間隔がどのくらいであるのかが分かるキャパシティを言います、。

 

音楽をやっていくうえで、絶対音感までは必ずしも必要ないと言われていますが、相対音感のほうは求められるのです。

 

相対音感がなくなりますと、所謂「音痴」になってしまうのですね。

 

プロの歌手では、さすがに音痴のかたはいらっしゃいませんから、歌唱力の要素のなかだとしてもかなりたいせつな位置づけとなるでしょう。

 

歌唱力を決める声量

歌唱力とは

 

テレビでポピュラー歌手が歌っているのを聞いて、実に歌がうまいなぁとおもうことがありますよね。

 

そういった時、あなたは何を基準にして歌が上手いと判断しているのでしょうね。

 

前回、お話いたしました「音感」は当然あるでしょうが、依然としてそれだけではありません。

 

歌手のかたの多くは、十分な「声量」を持っています。

 

この声量も、歌唱力にはたいせつですのです。

 

絶対になくてはならないもの・・・と言うわけではありませんが、やはり声量が十分なほうが、そのかたの歌を聞いていて上手だと感じ取ってしまいます。

 

これはなぜかと言いますと、声量があるという事から声にハリと伸びが感じ取れるからですのですね。

 

そして、外装的な薄っぺらい声ではなく、凄く深みのあるボリュームのある声は、心置きなく聴いていることが出来ます。

 

声量と言いますと、やはり肺活量が大きいことに関連してきます。

 

しかしながら、総合的な歌唱力として考えてみれば、単に肺活量が沢山と言うだけだとしても駄目ですのです

 

それにプラスして心肺持久力の強さも必要となってきますし、腹筋の強さも必要です

 

そして、ボディー自体を「反響体」として捉えることもたいせつですね。

 

一見、歌というのは関係ないようなこととおもえるでしょうが、実はこんなことも歌唱力に影響しているわけですね。

 

ですので、実に歌がもっと上手になりたいとおもうのであるのなら、歌のレッスンだけでなく、腹筋を鍛えたり、肺活量を増やすトレーニングをおこなうこともたいせつだと言うことです