歌唱力には声質も関係する

歌唱力には声質も関係する

歌唱力には声質も関係する

 

歌唱力を確定させる5つの要素、もうお分かり頂けましたね。

 

この5つの要素があるか、ないかによって、歌唱力は断然、違ってきます。

 

歌唱力をUPしたいとおおもいであるならば、これらをちゃんと伸ばすようなレッスンをしたら良いでしょう。

 

見違えるように、歌が上手くなること受け合います。

 

しかしながら、この5つの要素が歌唱力に最たいせつだとしても、依然として、これ程ではないのですね

 

すでにもう5つもあるのに、まだあるのか・・・とおおもいでしょうが、歌唱力をUPしたいとおもうかたは、どうぞこの先も聞いて下さい。

 

きっと「なるほど、その通りだ」と思っていただけるとおもいます。

 

まず、この度のタイトルにもなっています「声質」です。

 

声質なんて、もともと持っているものだから、努力で変えようがないではないか・・・そみたいにおもうかたもいらっしゃるでしょう。

 

しかしながら、そういった趣旨での声質ではありません。

 

言ってみれば、各歌い手の個性と言いましょうか・・・世間一般的に言われるところの良い声であるとか、悪い声であるとかではなく、その声を聴いただけで誰の声であるのかがすぐ分かってしまうような、特徴のある声であるほど良いと言うことになります。

 

現実に、あなたはどうおもいますか。

 

あなたがおお好きな歌手のかたは、特徴のある声質でしょうか。

 

もし、そうではないとしたならば、その歌手のかたのどのへんがおお好きになったのでしょうか。

 

そのかたには歌唱力があるとお感じになるはずですか。

 

もしも、あなた自身の声質が、なんら特徴もないものだとしても諦める必要はありません。

 

他の箇所で歌唱力をUPさせる方式はいくらだとしてもあります。

 

歌手としてやってゆくわけではありませんので、そちらの努力をすることによって十分良い帰趨が生まれることでしょう。

 

歌唱力には表現力も関係する

歌唱力には声質も関係する

 

歌唱力のあるなしには、歌を歌うときの表現力もとっても影響してくるものです。

 

聴き手はそのメロディラインだけがお好きだと言うケースもけっこうありますが(歌詞がまったくわからなくても大好きな物の洋楽があったりするケース等)、おおよそは歌詞とメロディラインと両方がお好きで「この曲がお好き」と言う事になるとおもいます。

 

歌詞に共感してお好きになるケースと言うのはたいへん沢山もので、そういったかたが、もしカラオケ等でその曲を歌うケース、歌詞を十分に表現したいと言うおもいが前面に出て、凄く表現力が豊富なってはないかとおもいます

 

歌手のかたも同じように、歌詞を上手に表現しているかたが沢山ですね。

 

それは、歌い方だったり、声の出し方であったり、表情だったり、身ぶり手ぶりであったりするわけですが、そういった表現力がまったくなく、ただ淡々と歌う歌と比べて、どみたいにおもいますか。

 

どちらが、より歌唱力があるように聴こえるでしょうか。

 

やはり表現力が豊富であったほうが、歌唱力があるように聴こえるものですのですね。

 

ただし、表現力と言いましても、それも決してモデル上のものだけに限られるわけではありません。

 

歌詞の内容に合わせて、存分におもいを投入して表現するケースもあるでしょうし、どんな歌だとしても上手に歌いこなせる自分自身を表現するケースもあるでしょう。

 

実に人によっていろいろです。

 

しかしながら、どんな表現力であるにせよ、それが乏しいケースに比べますと歌唱力まだとしてもが違って聴こえるのですね。

 

カラオケで歌唱力のないかたが自己陶酔しながら歌っているのは、ちょっとどうかとおもいますが、プロのかたであるのなら、そのくらいの自己表現は大抵になさっているとおもいます。

 

歌番組等で是非確かめてみて下さいね。

 

歌唱力にはリズム感も関係する

歌唱力には声質も関係する

 

歌唱力が良い感じのと感じ取れる時、そこにはちゃんとしたリズム感もあるのではないかとおもいます。

 

ともすることによって、声域や声量、狂いのない音程等ばっかりが歌唱力の元になっているとおもいがちではありますが、リズム感もかなりたいせつな位置を占めているとおもいます

 

リズム感が狂った歌は、きくに持ち堪えないとおもいませんか。

 

現実には、我々ニホン人がお持ちのリズム感と、西洋音楽をいつも聴いている西洋人が持っているリズム感というのは、根本的に違っていると言うことをご存知でしたか。

 

文化が異なると言うこというのは、リズム感まで異なってしまうのですね。

 

ですが、近頃のニホンの音楽も、たいへん西洋化されてきていますよね。

 

ロックやポップスは当然のこと、レゲエやラップ、ブラックミュージックまで、実に幅ワイド音楽を受け投入して、若い世代から広がってきています。

 

これらの音楽には西洋ユニークのリズム感があるでしょうから、上手に歌おうとおもうのであるのなら、意識的にトレーニングすることが、どうしても必要となってくるのです

 

よくニホンの歌手のかたが、現実にのリズムのテンポと比べると、故意にほんの少しばかりだけ遅らせて歌うケースがありますね。

 

あれ等は、リズム感を応用して歌唱力が素晴らしくあるように見せかけたものでしょう。

 

いえ、見せかけたと言うと比べると現実ににかなりの歌唱力がなければ、あの歌い方で上手に聴こえるこというのはありません

 

ご自身の歌唱力を計る目的で、そういったことに挑戦してみるのも良いかも知れません。