歌唱力をアップする(1)

歌唱力をアップする(1)

歌唱力をアップする(1)

 

一定レベルのかたがたが、歌唱力をUPさせる目的では、どうしたら良いのでしょうか。

 

皆さまは、どみたいにしてトレーニングをしていらっしゃるのですか。

 

カラオケが一つのレジャーとして大好評を高めてから、一定レベルの人々であっても人前で歌う機会がずいぶんと増えました。

 

ごご身内内や、カラオケボックス内で身内や友人に聴かせるだけに留まらず、より一層大勢の人々の前で歌を披露するかたも沢山はずです

 

そういったかたがたは当然歌う事がおお好きでしょうし、ご自分にはあるくらいの歌唱力があるものとおもい、自信を持って歌っていることでしょう

 

そして友人や知人の上手な歌を聴くことによって、より一層自分自身ももっと上手になりたいとおもうものですよね。

 

だからといって、わざわざ歌のレッスンに通うほどではない・・・となれば、どんなトレーニング方式を用いているのでしょう。

 

多くのかたは、やはりただひたすら歌いこむと言うトレーニング方式を行っているやうですね

 

もう少しばかり真剣なかたは、歌いたい曲を現実にに歌手のかたが歌っている実景を録画して、それを何度も見ながらトレーニングする・・・そういった方式のかたもいらっしゃいます。

 

当然、ただひたすら歌いこんだり、真似をし続けることで歌唱力が大巾にUPするわけではありませんが、まったくトレーニングしないのに比べれば、声域が少しばかりばっかり広がることも十分有り得ますし、声量が増加すると言うこともあります。

 

たまに、そういったトレーニング等まったくしなくても、生まれ持った音楽のセンスによって、凄く上手に歌えるかたもいらっしゃいます、。

 

ですが、世間一般的なかたがたが、もっと効率的に歌唱力をあげる目的では、どうしたら良いのでしょう。

 

次回から、そのあたりをお話してゆきましょう。

 

歌唱力をアップする(2)

歌唱力をアップする(1)

 

歌唱力をUPさせたい・・・これは、多くのかたが願っている事です。

 

現実にのところ、スポットのカラオケ教室ですとか、ボイストレーニングの教室は、かなり繁盛しています。

 

一定レベルのかたがたであっても、やはりお金を払ってだとしても歌唱力をUPさせたいと願っているかたは沢山のです

 

ですが、今と比べるともうちょっと歌唱力をUPさせたい・・・そのくらいでしたら、自分自身でおこなうトレーニングだとしても十分であるとおもいます

 

昔の記事で「歌唱力を決める」と言われている多様なことに対して触れましたが、まずは、その項目を改善するだけだとしても、見違えるように上手くなります。

 

そこら中に存在しているのは、ただ単にメロディを追い求めながら歌詞を口に出し、リズムが崩壊しないように声に出している・・・と言う歌い方です

 

当然ご自身が歌ってスッキリすることによってカラオケで歌うお目当ても果たせますからそういった歌い方だとしてもまったく問題ありませんが、少なくとも人前で上手に歌いたいと言うのであるのなら、もうそれはやめましょう。

 

まずは、発声トレーニングから始めてみませんか。

 

これは歌ばっかりでなく、演劇をやっていらっしゃるかたも行っていますが、自然体のままで大きな声を出しやすくするお目当てと、滑舌をよくして言葉をハッキリと滑らかに言えるようにするためのトレーニングです。

 

以来ご紹介する発声トレーニングは凄く名高い方式ですので、ご存知のかたもいらっしゃるかも知れませんが、ご存知ない方は是非やってみて下さい

 

割り箸を利用する方式です。

 

割らない前の割り箸の面積のワイド箇所を奥歯で噛んで固定します。

 

その有り様のまま、舌や唇の機動に注意しつつ声を出します。

 

早口言葉等を何度も言って、トレーニングをしてみて下さい。

 

これ程だとしても、かなり滑舌がよくなるはずです。

 

歌唱力をアップする(3)

歌唱力をアップする(1)

 

歌唱力をUPさせる目的では、前回もお話いたしました発声トレーニングもたいへんたいせつですが、声を出しながらのトレーニングなって、いつだとしても何処でだとしても出来る、と言うようなトレーニング法ではありませんね。

 

プロのトレーニングというのは違うのですので、もっと日常的に可能なようなものが良いですよね。

 

となってきますと、一番良いのは腹式呼吸のトレーニングでしょう。

 

私たちの多くは、常々、世間一般的に胸式呼吸を行っています。

 

これは、とくに意識せずともしている呼吸法です

 

ごく世間一般的な肺による呼吸と言うことです

 

一方、腹式呼吸と言うのは、その名前からおわかりみたいに腹部でする呼吸と言うことです。

 

呼吸を胸から腹部に変更するだけで歌唱力がUPするものか・・・とおおもいかも知れませんが、現実にのところ、かなりUPします。

 

歌唱力が優れているかたは、みなさん腹式呼吸をなさっているのです。

 

腹式呼吸がどみたいに良いのかと申しますと、呼吸量が増えますから、呼吸によるリズムの乱れがなくなります。

 

加えて、声量も増えますし、声を出している時間も長くなりますね。

 

そうすることによってきちんとメロディの繋ぎ目で呼吸をおこなうことが可能なようになります

 

歌が上手であっても息が続かなくて、おかしなところで息つぎ等をしてしまいますと、結局、あまり上手いというのは判断されなくなってしまいます。

 

プロのかたでそういったことをおこなうかたは、見かけたこともないでしょう。

 

息を続かせるのは基本中の基本です。

 

次回は、この腹式呼吸のやりかたをご紹介いたしましょう。