カラオケでの採点

カラオケでの採点

カラオケでの採点

 

カラオケ大好評がすっかり根付き、近年ではコドモから老年者まで、みなさんカラオケで楽しむようになりましたね。

 

ご自宅で歌う事が出来るカラオケセットをお持ちのかたは、ご自宅でおもう存分、歌っていることでしょうし、そういったものがなくても、近年はカラオケボックスと言う楽なものがあるでしょうからね。

 

カラオケボックスでしたら大声を出して歌っても迷惑にはならないですので、存分に心理的負荷の発散にもなります。

 

当然歌のトレーニングにもなるのですが、大声で歌を歌うことでスッキリすることのほうが、多くのかたにとってはたいせつのやうです。

 

昔の記事だとしても少しばかり触れさせていただきましたが、近頃ではカラオケボックスの機材で歌唱力を計るものもありますね。

 

ようです。

 

歌った歌に対して、機械が自動的に採点してくれるのです。

 

これは、やったことがあるかたでしたらお分かりとおもいますが、かなり上手に歌ったつもりでいてもなかなか100点は出ません。

 

100点は実に稀にしか出ないようですのですが、絶対に出ないと言うことだとしてもありません。

 

ちょっとしたこつのようなものを掴めば100点も夢ではないのです。

 

昔にちょっとだけお話いたしましたように、音楽としての基本箇所をおさえることです。

 

歌唱力のあるなしにもかかわってくる事ですが、音の高低をきっちりつかみ、テンポや音程も狂わせることなく、ちゃんと忠実に歌うことです

 

機械相手に変にカッコつけたような歌い方をしない・・・といったら分かり易いかも知れません。

 

しかしながらまぁ、誰が聞いても大変上手であるにもかかわらず、100点にならないケースも沢山ようですので、あまり点数にこだわる必要もないのではないかとおもいます。

 

カラオケで盛り上がれる曲(1)

カラオケでの採点

 

歌唱力があまりないと感じ取れるかたも、歌唱力をもっと大勢の人に披露したいと言うかたも、カラオケで盛り上がれる曲をいくつか覚えてしまうと良いですよ。

 

今日は、そういった曲をいくつかご紹介してみたいとおもいます。

 

まず、オーソドックス曲の沢山、演歌からいきましょうか。

 

女の人に凄く大好評のあるオーソドックス曲があります

 

石川さゆりさんの「天城越え」です。

 

これは、女心を歌った曲であってますから女の人にたいへん大好評のある曲ではありますが、男性が歌っても良いとおもいます。

 

多くのかたがご存知で、メロディラインもよく、盛り上がりの箇所もちゃんとあるでしょうからね。

 

男性が歌っている曲で大好評の高いのは、吉幾三さんの「雪国」等でしょう。

 

これは、女の人が歌ってもいけないこというのはありませんが、やはり男性に歌っていただきたい曲ですね。

 

演歌は元来、優れた歌唱力が必要な歌ではありますが、これらに関しましては、知名度と盛り上がり度から申しまして、大抵くらいの歌唱力だとしても、十分だとおもいます。

 

J-POPは、トレンドり廃りがキツいですが、やはりオーソドックスとして残ってゆく曲と言うのは必ずありますね。

 

かなり昔の曲ですが、未だに幅ワイド年齢層から大好評なのがブルーハーツの「リンダリンダ」です。

 

これは、かなりの盛り上がりを見せようですね。

 

割と近頃の曲ですが、オーソドックスになりつつあるのがレミオロメンの「粉雪」でしょうか。

 

こちらは高音箇所等もあり、少しばかりばっかりだとしても歌唱力があったら嬉しいところですが、気力で乗り切断することも可能でしょう

 

カラオケで盛り上がれる曲(2)

カラオケでの採点

 

前回の、カラオケで盛り上がれる曲、如何でしょうかでしたか。

 

いくつかご紹介いたしましたが、歌ってみましたか。

 

女の人ボーカルの曲が少なかったので、この度もう一度同じタイトルで書いてゆこうとおもいます。

 

J-POPの女の人ボーカルで大好評の高い曲といいますと、歌い易い大塚愛さんの「さくらんぼ」でしょう。

 

それほど優れた歌唱力をもっていなくとも、それなりに歌うことが出来ますし、付近も楽しくさせる事が出来ます。

 

浜崎あゆみさんの曲も良いとおもいますよ。

 

浜崎あゆみさんは声量もありますし、声域もワイドですので、同じように上手に歌うこというのは難しいとおもいますが、歌そのものはそれほどの歌唱力を必要としなくてもきれいに歌える曲だとおもいます。

 

ただし、声域が足りないかたは、やめておいたほうが良いかも知れません。

 

宇多田ひかるさんの曲も、カラオケでは凄く大好評があるのですが、彼女の曲は歌いこなしていくのには難しいです。

 

まず、メロディラインと歌詞が、バツグンと合っていない・・・つまり音楽の感覚がニホン的ではないと言えるでしょう。

 

テンポやリズム感も、USAナイズされていると思って良いでしょう。

 

ですが、リズム感が鋭く、それなりの歌唱力があるかたにとっては、歌いこなしていく喜びのようなものがあるとおもいます。

 

歌唱力に多かれ少なかれの自信があるかたは挑戦してみて下さい

 

歌唱力に自信のあるかたの選曲としては、MISHAさんの曲も良いでしょうね、。

 

MISHAさんも、やはり歌唱力には定評のある女の人シンガーですので、上手に歌うことでその場を盛り上げることが出来るでしょう。

 

ただし、歌唱力に自信のないかたが歌いますと、逆に歌唱力のなさが目立ってしまう見込みも大きいですね。

 

ご自身の歌唱力をきっちり把握して選曲するこというのはたいせつなことです。

 

カラオケで盛り上がれる曲(3)

カラオケでの採点

 

歌唱力に自信のないかたがカラオケで盛り上がるには、アニメソングもおススメです。

 

アニメソングは、アニメが大お好きなオタクのかたたちだけが歌うものと感じたら大誤りですのですね。

 

大好評のアニメソングは、おおよそどなただとしても耳にしたことがありますし、メロディラインも盛り上がり箇所がきちんと創られているものが多く、そういったアニメソングは凄く聴きやすく親しみ易いです。

 

大人になって、まったくアニメを観なくなってしまったと言うかたも心配無用です。

 

コドモの頃によく視聴していたアニメの曲で十分です。

 

ともにカラオケに行くかたがたが同年代であるのなら、かえってそのほうが盛り上がり易いくらいでしょう。

 

誰だとしてもご存知のアニメソングは、是非一曲や二曲、歌えるようにしておきたいですね。

 

とくにアニメファンではなくとも、カラオケで歌唱力のなさを隠す為にアニメソングを選定しても良いとおもいます、。

 

ノリの良い誰だとしても耳にした事のある曲なら、歌唱力等なくても、みんなで口ずさんでくれますから、それだけで盛り上がる事が出来ます。

 

アニメソングで大好評の曲をいくつか挙げておきましょう。

 

アニメファンでなくても、誰だとしても一度は耳にしたことがあるであろう、新世紀エヴァンゲリオンのテーマソング「残酷な天使のテーゼ」。

 

高橋洋子さんが歌っています。

 

エヴァンゲリオンはアニメファンではない一般人のかたも大勢がトピックしたアニメですので、その分、曲も知名度が高いです。

 

CMでよく耳にいたします「創聖のアクエリオン」も根強い大好評がありますね、。

 

女の人が歌い易い大好評曲としては「タッチ」があります。

 

どれも、それほどの歌唱力を必要としませんから、是非覚えてカラオケで披露してみましょう。

 

カラオケで盛り上がれる曲(4)

カラオケでの採点

 

カラオケで盛り上がれる曲をお知らせしてまいりました。

 

比較的、歌唱力がないかただったとしましても、曲自体のボルテージでその歌唱力のなさをごまかせると言うような趣旨であってました

 

ですが、この度は、歌唱力のあるかたでないと、ちょっと難しいかも知れません

 

と言いますのも、この度のご紹介は、カラオケで盛り上がれる洋楽をご紹介しようと思っているからです。

 

洋楽を歌いこなしていくには、まずなんと言いましても、英語の発音が上手に出来る事が要素でしょう

 

ネイティブ並みと言うわけではありませんが、カタカナ調の発音ではあまりにもみっともないです。

 

洋楽を歌うケースにのみ、どんなに歌唱力があっても、発音がよくないと聴いている方は興醒めしてしまいますから注意が必要ですよ。

 

しかしながら、みっともないと感じないくらいの発音であるのなら、洋楽も盛り上がれる曲がいっぱいあります

 

歌唱力のほうは、まさに英語調の発音によって、かえってごまかしが効くこともあるでしょうから、洋楽も一曲や二曲、歌えるものを支度しておくと良いですね。

 

歌唱力があって、あるくらいの発音が出来るかたは、もっといっぱい洋楽をレパートリーにしても良いとおもいますよ。

 

では、カラオケで大好評のある洋楽をご紹介いたしましょう。

 

昔から根強い大好評を誇っているのが、クイーンの「I WAS BORN TO LOVE YOU」です。

 

これは、多くのかたが聴いた事のある曲でしょうし、曲自体に盛り上がれる要素があるので、洋楽のカラオケでは常に高い大好評です

 

女の人ボーカルでしたら、やはりセリーヌ・ディオンか、マライア・キャリーでしょうか。

 

セリーヌ・ディオンの「MY HEART WILL GO ON」や、マライア・キャリーの「HERO」等は、上手に歌えるとたいへん格好良いですね。